越境会 ごあいさつ

数年前、世界は今よりもずっとずっと遠かった。情報得るのも、行くのも、投資するも、ビジネスを行うも…、すべてがとても敷居が高かった。それがここ数年で画期的な変革を起こした。 それは、航空・旅行業界、インターネット・携帯電話、金融インフラ…。
様々な業界の身を削るような努力と進化により、ボーダーレス化が始まった。

ツイッターで「アゼルバイジャンなう」なんて、日本と海外をつなぐ様々な事象が、数年前では考えられなかった事。しかし、様々なインフラが画期的な変革を起こしても、世界の情報がより身近なものにならなければ、行動は起こせない。
だからみんなに伝えたい、世界のこと。
名前すらも聞いた事の無いようなあの国がもっともっと身近になる、そんな越境コミュニティにぜひご参加ください。ワクワクドキドキ、日本人の知らない世界の情報を、楽しく、真剣に。 …そして、「もっと、ずっと、世界を身近に。」

プロフィール
1946年、東京生まれ。東京外国語大学卒業。

(株)リアルフリート会長、筑波大学グローバルキャリア開発ネットワーク客員教授、
(株)クオンタムリープエグゼクティブアドバイザー ほか

1976年ソニー(株)に中途入社、30年間に渡りソニーに勤務。ソニーヨーロッパ社長、
ソニーマーケティング(日本)社長、ソニーチャイナ会長を歴任。2006年ソニーを退社後、
日本トイザラスCEOを経て、現職。
ソニー在職中は、主に海外のマーケティングに従事。中近東およびアジアを中心に、
ソニーの圧倒的シェア獲得の足がかりとなるセールス・マーケティング拠点を相次ぎ
設立する傍ら、各地域でマーケットシェアの拡大と利益の極大化を実現させた。現在は、
自身の新興国における事業開発経験を踏まえ、海外展開を目指す後進の育成に力を注いでいる

 

留日博士総会会長、専修大学経営学部教授、江蘇省海外交流協会副会長、
一橋大学大学院経済学研究科、応用経済学専攻修士課程修了、修士号(経済学)取得/一橋大学大学院経済学研究科、 応用経済学専攻博士課程単位修得/一橋大学大学院経済学研究科、博士号(経済学)取得

 

越境会行動規範(クレド)

 

事務局・お問合せ

越境会事務局 (株式会社ザ・スリービー)
業務内容:入会窓口業務、交流会およびセミナー等の運営、会員への通知・連絡業務、プレミア会員決済業務 等

お問い合せはコチラ

 

越境案内人ネットワーク

越境会には、趣旨にご賛同いただいた多くの越境案内人・政府機関が登録しています。
現地ビジネスのお手伝いや、各国の情報提供など、越境会選りすぐりのパートナーです。事前の相談やタイミングが合えば現地でのコーディネートも可能。
皆さまの越境の力強いパートナーになってくれること間違いナシです!

 

越境会支部

新潟支部 支部長: 藤井伸喜
(株式会社レスク マネージャー ファイナンシャルプランナー)
連絡先: Facebook   メール 

1年前の石田会長との出会いをきっかけに、今年4月の新潟での講演会のお手伝いをさせていただく中で、石田会長の「熱い想い」に共感、その「想い」と「情報」を越境会を通じて地元新潟のみなさんにお伝えすることで、地域の活性化に貢献したいと考えていますので、どうぞよろしくお願い致します。

仙台支部
支部長: 小貫大祐
(名古屋ゲームミュージックアンサンブル 渉外主幹)
連絡先: WEB   メール 

職人気質、想像力、実直。世界的にも日本人が秀でている部分はたくさんあります。しかし、まだ世界で活躍する日本人は希少です。現代は、常識も環境も目まぐるしく変わっていきます。たった一人の想いが、やがて世界中を駆け巡り大きな何かを成していく。そんなきっかけを、より多くの同士と共有していけたらと思っております。

名古屋支部
支部長:谷口貴朗
(縁 LLC. 代表)
連絡先: メール 

福岡支部
支部長: 岩隈謙忠
(Tittle Project 代表,2329project 主宰)
連絡先: WEB   Facebook   メール 

「越境せよ!」この言葉に何度奮い立たさた事だろう。
石田会長と出会い、その熱いメッセージと思いに感化され、何も知らないドバイへ共に越境しました。
知らない世界を知る。見たことない世界を見る。
未知の可能性に気づく。
その一歩を踏み出す大切さ、「越境せよ!」を多くの方にお伝えしたいと思います!

岡山支部
支部長: 杉山孔太
連絡先: Facebook 

世界のスピード感、スケールの大きさ! これを知るだけでも人生において視野・視点が広がります。
さらに、あなたの目で実際に世界を見た時には 今のあなたが想像出来ないスピードで全てが動き出します!
そして世界から日本人の商品・技術・サービスが求められています!
まさにブルーオーシャンです! 越境の大きな可能性をより多くの日本人に気づいてもらえるように ドンドン伝えていきたいと思い
あなたの前には70億人が待っています!

 

協力大使館

 

協力観光局