【2/3(水) 19:00~】緊急開催!! アフリカ【スーダン】帰国報告会


2016.2.3.su_1

「青ナイルと白ナイル」。まったく水質と色の異なる2つのナイルが合流し、大きなナイル川となって
アレキサンドリアに注ぎ込む。この結果、恵まれた土壌が生まれ「世界で最も灌漑農業のポテンシャル
高い土地」とされている。世界最大の政府系ファンドADIAはここに巨額の農業開発投資をした事が
その証拠だ。この合流地点は、ハルツーム・オムドゥルマン・バハリと3つの都市に分断され、エリア
全体は「スリーシティ」と呼ばれている。日本では注目度のあまり高くないスーダンだが、中国・
マレーシア・アラブ諸国等による開発が進み、青ナイル沿いにそびえ立つ旧リビア資本のホテル
「カダフィの卵」はこの地域の発展を象徴するものとなっている。
 今回、現地からの要望もあり 一人 現地に向かった 石田 和靖 越境会会長。改めて訪れたスー
ダンで、どんな「ビジネスチャンス」とどんな「人達との出会い」があったのか?
ハートオブアフリカ スーダンで、日本に求められているものとは!? を中心に最新のアフリカ
スーダン情報を交えた帰国報告会を開催いたします。
(表向きに発表できない話題もとびだすかも!?)
スーダン経済について知りたい方はもちろん、アフリカビジネスに興味があるかたもご参加可能です。
今後のスーダンについて誰よりも早く情報を知りたい方は是非、ご参加ください。

2016.2.3.su_2botan