【2016年5月9日(月) ~ 5月13日(金) 5日間】ウルフエコノミー モンゴル経済視察ツアー


市場経済化で変革を遂げたモンゴルの経済、優秀な人材と天然資源がこの国を変えた!最終日は360度の大草原へ!2016.5.9.mon

現代のモンゴル経済は「ウルフエコノミー」と呼ばれている。
かつて、地球上の陸地の約25%を統治していた世界最大の帝国「モンゴル帝国」を築いたチンギス・ハーンが蒼い狼と呼ばれた。いまのモンゴルは彼の時代の再来だと言われるほどの勢いを持っているからだ。
世界最大の金鉱山・石炭鉱山は外資導入を促進させ、外資の導入は優秀なモンゴル民族をさらにグローバル化へと変貌させた。マルチリンガル(多言語を使いこなす)のモンゴル人は急増し、首都ウランバートルは若者で溢れかえる。ツアー詳細バナー

■ツアースケジュール

5/9(月)成田→ウランバートル<ウランバートル泊>
OM502 成田14:40発 ウランバートル19:10着
<ウランバートル泊>

5/10(火)ウランバートル<ウランバートル泊>
ホテルにて朝食
ウランバートル市内視察・観光、ハーン銀行、
日本モンゴル文化センターにてモンゴル人との意見交換会、
夕食後、自由行動<ウランバートル泊>

5/11(水)ウランバートル→スフバートル
ウランバートル市内視察、ザイサンの丘、日本人墓地、
チンギスハーン像、不動産開発エリアなど、夕食後、
シベリア鉄道ウランバートル駅へ寝台車でロシア国境の街、
セレンゲ県スフバートル市へ<シベリア鉄道 個室寝台泊>

5/12(木)スフバートル→ウランバートル<ウランバートル泊>
午前、スフバートル市都市開発視察
午後バスにてウランバートル郊外へ、モンゴル大自然の草原
ハーンリゾートホテルへ移動、大草原の中で乗馬など。
360度どこまでも広がる大平原、手を伸ばせば届きそうな満天の星空。
手付かずの大自然の中で地球の鼓動と息吹を感じ、
安らぎとラグジュアリーなひと時を。
夜は満天の星空の下でキャンプファイヤーとバーベキュー、
夕食後、自由行動<ハーンリゾート泊>

5/13(金)ウランバートル→成田
航空機OM501 ウランバートル07:55発
成田13:40着
■ツアー詳細

○旅行代金:278,000円
(燃油サーチャージ・空港諸税等別)

○定員:20名(定員に達次第締切)
※1名1室利用の際の追加代金 36,000円追加
※利用予定航空会社:ミアット・モンゴル航空(OM)
※利用予定ホテル:チンギスハーン・ホテル(ウランバートル)、
HSハーンリゾートホテル(ウランバートル郊外)予定

【代金に含まれるもの】 往復エコノミークラス航空運賃、
2名1室ホテル代金、行程表に記載された滞在中の食事代、
市内観光各所入場料、専用バス、通訳、ガイド、団体行動中のチップ

○申込締切:2016年3月18日(金)
※申込状況により金額が変動する場合がございます

申込先:株式会社エイチ・アイ・エス
ビジネスツアーデスク
担当:外池・小林
TEL03-6836-2551
study@his-world.comお申込はコチラバナー